山本義徳さんって何者?経歴・ステロイド・おすすめサプリ・本についての解説

こんにちは、筋トレ栄養マニアのかしろ(@kashiro_kona)です。

今回は私も大ファンな山本義徳さんについての解説記事です。

山本義徳さんは最近では有名な筋トレYoutuberの動画に取り上げられることも増え、一気にその知名度が上昇しました。

そしてご自身もYoutubeに山本義徳 筋トレプログラムというチャンネルを開設されており、その登録者数は2019年10月時点で11万人を突破しています。

memo

ちなみに山本義徳さんは「山本義徳後継者養成プログラム」というパーソナルトレーナー養成スクールも開講されています。気になる方はトレーナーエージェンシーというサイトから検索できますので、そちらもご覧ください。

そしてこの記事では

  • 山本義徳さんの経歴
  • 山本義徳さんとステロイドについて
  • 山本義徳さんとダルビッシュ有選手の関係について
  • 山本義徳さんおすすめサプリ

などを中心にご紹介していきます。

これを読めば、あなたも筋肉博士に近づけるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

山本義徳さんの基本プロフィール

まずは基本情報からです。

  • 身長:171cm
  • 体重:オン時96kg~オフ時110kg(※現役時代)
  • 生年月日:1969年3月25日
  • 腕回り:オン時54cm
  • ベンチプレスMAX:260kg(※非公式記録)
  • 出身地:静岡
  • 出身大学:早稲田大学政経学部

現役時代の体重・身長から推測するところ、今でいうIFBBPRO山岸秀匡さんに近い体ですね。

ちなみに山岸さんの体はこんな感じです。

この投稿をInstagramで見る

Hidetada Yamagishi(@hideyamagishi)がシェアした投稿

そして山本義徳さんの現役時代の写真がこちらです。

この投稿をInstagramで見る

seto(@take3gym)がシェアした投稿


凄すぎる体ですよね。

現役当時は、海外でもヘヴィー級として戦える数少ない日本人として評価されていました。

山本義徳さんの経歴

次は、山本義徳さんの経歴についてのご紹介です。

生い立ち~高校時代

山本義徳さんは1969年に静岡県で生まれました。

公務員の父と銀行員だった母を持ち、小学校~高校を卒業するまでは常にトップの成績を維持していたそうです。

中学時代には陸上部に所属しており、地区のブロック大会で入賞したこともあります。

高校当時においては、当時やっていたドラマ「スクールウォーズ」の影響からラグビーを始めます。

身長は低かったのですが体格は骨太でがっしりしていたため、フォワードのプロップとしても活躍していました。

そして当時はラグビーの練習の一環としてウェイトトレーニングにも取り組んでいたのですが、周囲と比べても凄まじいパワーを誇っていたそうです。

なんでも高校時代にすでに、体重70kgでベンチプレスは140kgを挙げれていたというのだから驚きです。

大学時代~ボディビル大会出場

静岡県立静岡高校を卒業したのち、一浪後に早稲田大学政経学部に入学します。

大学ではウェイトリフティング部に所属しており、1991年の東京都で行われた東京都パワーリフティング大会では優勝という結果も残しています。

ですが大学当時からウェイトリフティングはおまけ程度であり、あくまでもボディビルダーとして、筋肉を大きくするためのトレーニングを行っていたそうです。

そして1994年にはJBBFが主催する日本ボディビル選手権大会に出場して、8位入賞という記録も残しています。

ドーピング~海外挑戦

しかしその後、1995年のJBBFが主催する大会において実施された、ドーピングチェックにおいて陽性反応が検出。

2年間の出場停止処分が科されます。

この山本義徳さんとステロイドについては、後半でさらに詳しく解説します。

この出場停止処分を受けて、活躍の拠点を国内から海外へと移していきます。

同じく1995年に開催された、「IFBBミスターアジア(ライトヘビー級)」では3位入賞。

1998年の「NPC アイアンマン・アイアンメイデン(ライトヘビー級)」ではなんと優勝を果たしています。

ボディビルダー引退~現在

2005年の「NPC トーナメント・オブ・チャンピオンズ(ヘビー級)」でまたもや優勝という結果を残し、これを最後にボディビルダーとしては現役を引退されました。

その後はアスリートの指導などトレーナー業をメインとして活動されており、その指導実績は下記のようになります。

◆指導実績
・鹿島建設(アメフトXリーグ日本一となる)
・五洋建設(アメフトXリーグ昇格)
・ニコラス・ペタス(極真空手世界大会5位)
・ディーン元気(やり投げ、オリンピック日本代表)
・清水隆行(野球、セリーグ最多安打タイ記録)
その他ダルビッシュ有(野球)、松坂大輔(野球)、皆川賢太郎(アルペンスキー)、CIMA(プロレス)などを指導。

山本義徳オフィシャルブログのプロフィールより引用

そして後はみなさんおなじみのYoutuberとしての活動ですね。

山本義徳さんとステロイド

実は山本義徳さんは、ステロイドの使用を公言している数少ない元ビルダーの1人です。

ステロイドに関してよくご存知でない方は【非推奨】筋トレする人は知っておきたい「ステロイド」についての解説【体に悪い!】という記事をご覧ください。

ステロイドのことを超簡単に説明すると「体にダメージを与えるが限界以上に筋肉をつけることが出来る薬」になります。

多くのスポーツ大会やボディビル競技においては、基本的にステロイドの使用は禁止されています。

実際にそれで山本義徳さんも、JBBFのドーピングチェックに引っかかって出場停止処分を受けていますしね。

ですがボディビルのトップ大会ではステロイドの使用が常態化しているというのが現実です。

世界最高峰のボディビル大会であるミスターオリンピアにおいては、はっきり言ってステロイドを使っていないと、スタートラインに立つことすらままなりません。

個人的にはステロイドの使用はNG派なので、この点で山本義徳さんを肯定するつもりは毛頭ありません。

が、フィットネス競技全般でステロイドの使用が常態化している現状を考えると、その責任は個人ではなく運営側、もっというとフィットネス業界全体に存在するとも考えています。

例えば、人のものを盗んではいけないという法律が存在しない国において、泥棒をおこなった人は倫理的にはアウトでも法律的にはセーフですよね。

そういう時はまず、泥棒した人を個別に非難するよりも、国の法律から変えていかないと意味がありません。

フィットネス競技とステロイドというのは、つまりはそういう関係性なのです。

ちなみに山本義徳さんがステロイドについて語った動画というのがYoutubeでも確認できます。

他にも、ノンフィクション作家の増田晶文が書かれた「果てなき渇望」という本は、名前こそ伏せられてはいますが明らかに山本義徳さんをモデルに書かれております。

気になる方はこちらも読んでみて下さい。

上記のTV番組とは違って、山本義徳さんのステロイドやボディビル競技に対する考え方までをフラットに、かつ深く表現している良書です。

山本義徳さんとダルビッシュ有選手との関係性

山本義徳さんがコーチングをしている方の中でも特に有名な選手は、アメリカのメジャーリーグでも活躍されているダルビッシュ有選手でしょう。


一緒に写った写真というのも見受けられますし、ちょくちょくとダルビッシュ選手は栄養面に関する相談事などを山本義徳さんにされているそうです。

Twitter上でもお二人が絡んでいる姿もたまに拝見できます。

超一流のアスリートが指示するトレーナーってだけでも、山本義徳さんの凄さが伝わってきますね。

山本義徳さんおすすめのサプリメント

いくつかの動画で紹介されていたものをこちらではまとめてみました。

メーカーが分かるものは、なるべく同じメーカーの商品を紹介しております。

山本義徳さんおすすめサプリ①:プロテイン

山本義徳さんが普段使いされているプロテインは、意外や意外、なんとマイプロテインの商品だそうです。

マイプロテインのチョコレート味のプロテインを、トレーニング前はコーヒーに溶かして摂取しているとのこと。

普段から非常に多忙な生活をしているので、昼食はもっぱら移動中のプロテインでまかなっているとも、別の動画では語っています。

山本義徳さんおすすめのサプリ②:EAA

Purple Wraath, Juicy Grape, 2.39 lbs (1084 g) by Controlled Labs
CONTROLLED LABS

こちらはもはや言わずもがなですね。

昨今のEAAブームは山本義徳さんが火付け役と言っても過言ではなく、海外通販サイトのiherbではこのパープルラースは常に品切れ状態です。

パープルラースを含めたEAAについてはiherbで買えるEAAサプリおすすめランキング12選!【コスパ重視】という記事でもご紹介しております。

飲み方についてはマイプロテインのEAAの飲み方について解説します【その他メーカーもOK】という記事を参考にしてください。

山本義徳さんおすすめサプリ③:グルタミン

created by Rinker
California Gold Nutrition
¥4,360 (2021/03/05 13:46:11時点 Amazon調べ-詳細)

山本義徳さんが実際に普段から飲まれており、おすすめもしているのがこちらのグルタミンです。

メーカーはiherbオリジナルブランドの「California Gold Nutrition」のものをオススメしておりますが、マイプロテインのグルタミンでも品質は特に変わらないので問題はありません。

ちなみにグルタミンは免疫力向上の効果があります。

自分も飲み始めてからは全く風邪を引かなくなりました。

山本義徳さんおすすめサプリ④:マルチビタミン

Source Naturals Elan Vital Multiple
Source Naturals

マルチビタミンは筋トレする人でもそうじゃない人でもオススメなサプリメントです。

山本義徳先生はビタミンのすべて: 山本義徳 業績集 6の中で、こちらのelan vital multipleをおすすめされています。

もしくは同メーカーから出ている安価版のlife force multipleでもOKとのことです。

Source Naturals Life Force Multiple ノーアイロン
Source Naturals

ただ現在、山本義徳はプレワークアウトサプリメントとしてアニマルパックというサプリメントからビタミンを摂取されているそうです。

Universal Nutrition アニマルパック
Universal Nutrition

ビタミンについてもっと詳しく知りたい方は【完全保存版】筋トレする人向け!必要なビタミン摂取量をまとめてみた【栄養素表示基準値とは違う】という記事がおすすめです。

elan vital multipleの飲み方も解説していますよ。

山本義徳さんおすすめサプリ⑤:亜鉛

created by Rinker
ソースナチュラルズ(Source Naturals)
¥2,098 (2021/03/05 20:58:39時点 Amazon調べ-詳細)

亜鉛はテストステロンやインスリンなどのホルモンの材料にもなるミネラルです。

特に体内での吸収率が高いモノメチオニン亜鉛が摂取できるこちらの商品をオススメされています。

亜鉛を含めたミネラルについてもっと詳しく知りたい方は筋トレをして筋肉をつけたいのなら16種のミネラルについて学ぼう【超重要】という記事をご覧ください。

山本義徳さんおすすめサプリ⑥:クレアチン

created by Rinker
MyProtein(マイプロテイン)
¥1,980 (2021/03/05 23:48:42時点 Amazon調べ-詳細)

クレアチンに関しては特にオススメのメーカーはなく「クレアピュア」と記載されてあるものを選びましょうとのことでした。

クレアピュアとは非常に高純度かつ品質の担保されたクレアチンの種類の1つです。

ちなみにクレアチンには筋力UPの効果があり、結果としては筋肥大にも繋がる効果の高いサプリメントの1つです。

トレーニーのみならずスポーツをする人全般にオススメ出来るサプリメントですね。

特にケトジェニックダイエット中に筋トレを行う人は必ず摂取するようにしましょう。

理由については正しいケトジェニックダイエットは筋トレの効果を落としません【ポイントを解説】で解説しています。

山本義徳さんおすすめサプリ⑦:αリポ酸

Source Naturals Rリポ酸
Source Naturals

αリポ酸には体の老化を抑える抗酸化作用と、インスリンの働きをUPさせる作用があります。

特にαリポ酸の中でも吸収率の高いR体のαリポ酸をオススメされています。

αリポ酸に関しては【筋トレ&ダイエット】αリポ酸の飲み方を徹底解説します【おすすめ4選】という記事で飲み方含めて詳しく解説しています。

山本義徳さんおすすめサプリ⑧:βアラニン

Now Foods βアラニン
Now Foods

βアラニンはトレーニング前に摂取することにより、乳酸により体内が酸性に傾くのを防いでくれます。

簡単に言うと、高強度トレーニング後半におけるパフォーマンスの低下を防いでくれる効果があるのです。

他にも脳のα波増やすリラックス効果や、糖化を防ぎ体の老化を抑える作用なども期待出来ます。

山本義徳さんおすすめサプリ⑨:EPA・DHA

created by Rinker
Now Foods
¥2,979 (2021/03/06 02:32:31時点 Amazon調べ-詳細)

フィッシュオイルという名称でも販売されているEPA・DHAのサプリメントは、脂肪燃焼効果に筋肥大効果と、トレーニーにもダイエッターにもオススメできる、非常に優秀なサプリメントです。

1日の摂取量目安としては2000mg前後を取った方が良いとのことなので、こちらの商品を1日4粒、1~2回で摂取すると良いです。

山本義徳さんおすすめサプリ⑩:その他

最後にその他に山本義徳さんが実際に飲まれているサプリメントをまとめて紹介します。

  • ブロッコリースプラウト:肝機能強化、ガン・心臓病・腎臓病予防
  • アスコルビルパルミテート(脂溶性ビタミンC):抗酸化作用、コラーゲン合成
  • ナットウキナーゼ:血液をサラサラにする
  • ジンクゴ(イチョウエキス):集中力UP、リラックス効果
  • ガーリックオイル:疲労回復、ビタミンB1の吸収向上
  • ハイアーマインド:脳のはたらきUP

現役を引退されていることもあり、トレーニー向けサプリメント以外にも、様々なサプリメントを使用されていますね。

created by Rinker
Source Naturals
¥1,334 (2021/03/06 03:48:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Source Naturals
¥1,990 (2021/03/05 13:46:14時点 Amazon調べ-詳細)
Source Naturals NSK-SD ナットウキナーゼ
Source Naturals
Source Naturals 銀杏-24
Source Naturals
Source Naturals ガーリック & パセリ
Source Naturals
Source Naturals Higher Mind
Source Naturals

山本義徳さんの本

山本義徳さんは30冊以上の本をこれまでに執筆されてきましたが、特にオススメなのが「山本義徳業績集シリーズ」です。

こちらはシリーズのすべてが電子書籍化されており、kindleでも読むことが可能です。

しかもkindle Unlimitedに加入されている方はすべて読み放題で読めるので、超オススメですよ。

山本義徳さんのトレーニング

山本義徳さんのトレーニング動画はいまやYoutube上にも数多く存在しています。

その中でも独自の理論としては「101の理論」が有名ですね。

101の理論とは簡単に説明すると「筋肉が大きくなる刺激というのは現在の限界よりもほんの少し大きい刺激であれば十分である」という考え方になります。

限界をはるかに超えた120、130の刺激を追い求めても、ほんのわずかに超えただけの101の刺激と何ら変わりなく、むしろケガのリスクが増大するだけなので非効率であるとも考えておられます。

なので山本義徳さんのトレーニングの基本は、短時間で一気にオールアウトするようなものであり、トレーニングしない日を積極的にスケジュールに組み入れるという特徴があります。

この無理なく体を鍛えることが出来る理論というのも、山本義徳の考え方が受け入れられやすい理由の1つなのかもしれません。

さいごに

以上が山本義徳さんに関する解説でした。

最近では個人や企業アカウント問わず、様々なSNSも使われています。

ご興味を持たれた方はぜひこちらのアカウントに登録してみてはいかがでしょうか。

非常に質の高い情報を手軽に得る事が出来ますよ。

スポンサーリンク

フォローする